世界ランク41位の錦織
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの11月16日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から1つ下がり41位となった。

錦織は右肩の負傷の影響で今シーズンの終了を発表。現在、男子ツアーは最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)が開催されている。

トップ10では大きな変動はなかったものの、前週のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)で初のタイトルを獲得した19歳のJ・シナー(イタリア)が7つ上げ37位となり、自己最高位を記録している。

11月16日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
11,830ポイント(11,830ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,850ポイント(9,850ポイント)

■3位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
9,125ポイント(9,125ポイント)

■4位[ - ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
6,970ポイント(5,890ポイント)

■5位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
6,630ポイント(6,630ポイント)

■6位[ - ]…S・チチパス(ギリシャ)
5,925ポイント(5,925ポイント)

■7位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
5,525ポイント(5,015ポイント)

■8位[ - ]…A・ルブレフ(ロシア)
3,919ポイント(3,919ポイント)

■9位[ - ]…D・シュワルツマン(アルゼンチン)
3,455ポイント(3,455ポイント)

■10位[ - ]…M・ベレッティーニ(イタリア)
3,075ポイント(3,075ポイント)

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>