2019年の内田海智
画像提供:tennis365.net

男子テニスのカンピオナート・インターナショナル・デ・テニス(ブラジル/カンピーナス、クレー、チャレンジャー)は29日、予選決勝が行われ、第3シードの内田海智は世界ランク388位のC・ユーゴ=キャラベリ(アルゼンチン)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、本戦出場とはならなかった。

>>【中川 直樹】錦織 圭と西岡 良仁からの刺激が全日本優勝の要因、インタビュー前編<<

初戦で逆転勝ちを収め勝ち上がった内田だったが、この日はファーストサービスのポイント獲得率を50パーセントと苦戦。5度のブレークを許し、1時間20分で力尽きた。

今大会の予選では2度勝利すると、本戦への切符を手にする。

本戦では第1シードに世界ランク102位のR・カルバレス バエナ(スペイン)、第2シードに同115位のT・セイボス ワイルド(ブラジル)が登場する。

[PR]開局30周年記念番組「WOWOWテニスフェスティバル2020」
錦織 圭ら日本のトッププレーヤーが集結するWOWOWならではの30周年記念特番
12月5日(土)午後1:00 無料放送&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>