ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)は25日にインスタグラムで、今年を振り返り社会の復活を願った奨励を動画で投稿した。

>>【YouTube】HEAD新作ラジカル 全貌を徹底解説! 関口 周一と尾崎 里紗も魅力を語る<<

>>【YouTube】課題を発見、次の試合へ活かす!試合動画編集・分析サービス テニスアナライザー!!<<

ナダルは自身が運営するラファナダルアカデミーから「やあみんな、アカデミーからメリークリスマスそして2021年もいい年になりますように。今年はみんなにとって今までで間違いなく複雑な年であったと思うけど、その年とももうすぐお別れだ。少なくとも僕の覚えている限りでは難しいものだった」と語った。

「大好きな人を失ってしまった人たちへは心よりお祈り申し上げ、たくさん元気づけてあげたい。少しずつ事がよくなっていくことを祈ろう。この2020年は特別だった。財団の活動も10周年を迎えた。でも僕が考えていた多くの計画が先送りになった。来年は改善されることを願っている」

「ワクチンがもうすぐほとんどの家族たちへ届けられ、僕らの知っている生活へ戻してくれるはず。財団もそのようにして未来への機会が必要な子供たちをサポートしていくよ。今は繊細な時だと思うから、みんなが責任を持って行動するべきだ。状況が悪化するかどうかは僕ら次第なんだ。このタフな時期を生きるみんなに力を」

34歳のナダルは2月のアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/ アカプルコ、ハード、ATP500)で今シーズン初タイトルを獲得。新型コロナウイルス感染拡大によるツアー中断明けに開催された全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では全試合ストレート勝ちをおさめ、前人未到となる13度目の大会制覇を成し遂げた。

この投稿をInstagramで見る

Rafa Nadal(@rafaelnadal)がシェアした投稿



[PR]「錦織 圭・大坂 なおみ 2020 〜復活への想い、戴冠への軌跡、そして東京へ〜」
12/29(火)夜10:00

「国枝 慎吾・上地 結衣 2020 〜グランドスラム優勝への道のり、そして東京へ〜」
12/29(火)夜11:00

■放送&配信スケジュールはこちら>