(左から)ジョコビッチとナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは31日に公式サイトで、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)や同2位のR・ナダル(スペイン)の記録など2021年ツアーの見どころを特集した。

>>【YouTube】土居 美咲 人生最高のアイテム3つ公開、大坂 なおみとの全米OPや新型コロナの影響を受けた今季も語る<<

>>【YouTube】ウインザー横浜店でストリング学ぶ、基本からマニアックな話まで満載<<

2021年ツアーは1月5日のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、 ATP250)から開幕する。

1.ジョコビッチの歴代最長への挑戦

ジョコビッチは12月21日発表の世界ランクで1位在位期間が300週となり、R・フェデラー(スイス)の310週に続き歴代2位に。もし現在のまま1位を維持し続ければ、今年の3月8日発表の世界ランクで歴代最長の記録を手にする。

2.ナダルの返り咲き

ナダルは10月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会20度目のタイトルを獲得し、R・フェデラーと並び歴代最多に。今年はグランドスラム勝利数歴代最多数更新と共に、2020年1月20日以来の世界ランク1位返り咲きを狙う。

3.ティームの次のステップ

9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で悲願の四大大会初優勝を果たしたD・ティーム(オーストリア)。現在は世界ランク3位を維持しているが、今年は自己最高位の2位以上を狙う。ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、A・マレー(イギリス)以外の選手が世界ランク2位となったのは2005年のL・ヒューイット(オーストラリア)が最後となっている。

4.メドベージェフは好調を維持できるか

メドベージェフは11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)と最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で優勝し、公式戦10連勝でシーズンを終了。現在は自己最高の世界ランク4位の座につき、ジョコビッチ、ナダル、ティームがいるトップ3の座を狙っている。

5.最終戦はイタリアへ

2019年から12度にわたってロンドンで行われたNitto ATPファイナルズは、2021年から2025年までイタリアのトリノに会場が移される。

[PR]「男子テニスATPツアー デルレイビーチ」
1/11(月)〜14(木) 準々決勝以降 WOWOWメンバーズオンデマンドでライブ配信

「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>