ナダル、ジョコビッチ、フェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは15日に公式サイトで、トップ10選手に対する勝率を掲載し、1位にN・ジョコビッチ(セルビア)、2位にR・ナダル(スペイン)、3位にR・フェデラー(スイス)となった。

>>【YouTube】綿貫 陽介 苦悩を告白「ダメになるかも」から復活、錦織や西岡らの印象とは<<

>>YouTube 綿貫 陽介ラケバ公開、ラケットは頭側が重い? インタビュー後編<<

ATPが分析したトップ10選手に対する勝敗のランキングトップ5にはジョコビッチ、ナダル、フェデラーの他に、A・マレー(イギリス)と昨年の Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)を制したD・メドベージェフ(ロシア)がランクインした。

5人は現役で活躍している選手としてトップ10への勝率が最も高い数字となり、24歳のメドベージェフは世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)を上回った。

対トップ10の勝敗と勝率は以下の通り。

1位:ジョコビッチ 215勝100敗、68.3パーセント

2位:ナダル 174勝95敗、64.7パーセント

3位:フェデラー 224勝123敗、64.6パーセント

4位:マレー 102勝83敗、55.1パーセント

5位:メドベージェフ 16勝19敗、45.7パーセント

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>