全仏オープンの土居美咲
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのヤラ・バレー・クラシック(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)は29日にシングルスの組み合わせを発表し、世界ランク84位の土居美咲は1回戦で、第11シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦することが決まった。

>>大坂ら全豪OP前哨戦の対戦表<<

>>大坂 なおみ初戦 1ポイント速報<<

両者は3度目の対戦で1勝1敗。この試合の勝者は世界ランク54位のA・セバストバ(ラトビア)と同83位のM・ブレングル(アメリカ)の勝った方と対戦する。

今大会の第1シードはA・バーティ(オーストラリア)、第2シードはS・ケニン(アメリカ)、第3シードはKa・プリスコバ(チェコ)、第4シードはP・クヴィトバ(チェコ)、第5シードはS・ウィリアムズ(アメリカ)、第6シードはG・ムグルサ(スペイン)、第7シードはP・マルティッチ(クロアチア)、第8シードはM・ボンドロウソワ(チェコ)、第9シードはD・ヴェキッチ(クロアチア)、第10シードはザン・シュアイ(中国)。上位10シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

また同時開催でギプスランド・トロフィー(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)が行われ、日本勢では世界ランク3位の大坂なおみ、同73位の日比野菜緒と同182位の日比万葉が出場する。

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>