(左から)錦織とミルニ氏
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは1日、世界ランク41位の錦織圭のコーチである、ダブルス元世界ランク1位のM・ミルニ(ベラルーシ)氏のインタビューを掲載。国別対抗戦ATPカップ(オーストラリア/メルボルン、ハード)の日本代表キャプテンを務めることとなったことや、大会への意気込みを語った。

>>大坂ら全豪OP前哨戦の対戦表<<

>>錦織ら ATPカップ組み合わせ<<

ミルニ氏は現役時代、52個のダブルスツアータイトルを獲得するなど活躍。2019年12月から錦織のコーチとなり、約1年が経過した。

2日に開幕するATPカップ出場のため、1月中旬にオーストラリアへ渡った錦織のチームだったが、搭乗機内に新型コロナウイルスの陽性者がいたため錦織らは14日間の完全隔離となり、初めてコート練習ができたのが先月29日からとなっていた。

ミルニ氏は14日間の隔離期間について「部屋の中でできる最大限のことをしたよ。運動量を多くした。僕の部屋は圭の隣。ボールやウェイトトレーニング、ランニング、ジャンプなど、たくさんの運動が行われていたのを知っている」と明かした。

「僕らはただただ嬉しくて、大会があることをうれしく思っている。願わくば、トーナメントが始まる頃には、全員が大会に向けて最高の準備をしていることを願っている」

日本代表はATPカップに3日から登場。3日にはロシアと戦い、4日にはアルゼンチンと激突する。

ミルニ氏は同大会について「とてもエキサイティングなイベントだ。去年テレビで見てとても楽しかった。今年はそれに参加できるのは素晴らしいこと。このラインナップでここに来ることができて興奮している」と語った。

日本代表は錦織、西岡良仁、マクラクラン勉、松井俊英が名を連ねている。ATPカップはシングルス2試合、ダブルス1試合で争われ、先に2勝したチームが勝利。12カ国が3カ国4グループに分かれ、予選ラウンドロビンが開催される。成績上位1カ国が決勝トーナメントに駒を進める。

<ATPカップのスケジュール>

1日目
・デイセッション 現地時間2日の10時(日本時間2日の8時)から開始
グループA:セルビア×カナダ
グループC:オーストリア×イタリア

・ナイトセッション 現地時間2日の17時30分(日本時間2日の15時30分)から開始
グループB:スペイン×オーストラリア
グループD:ロシア×アルゼンチン

2日目
・デイセッション 現地時間3日の10時(日本時間3日の8時)から開始
グループA:ドイツ×カナダ
グループC:イタリア×フランス

・ナイトセッション 現地時間3日の17時30分(日本時間3日の15時30分)から開始
グループB:ギリシャ×オーストラリア
グループD:ロシア×日本

3日目
・デイセッション 現地時間4日の10時(日本時間4日の8時)から開始
グループA:セルビア×ドイツ
グループC:オーストリア×フランス

・ナイトセッション 現地時間4日の17時30分(日本時間4日の15時30分)から開始
グループB:スペイン×ギリシャ
グループD:アルゼンチン×日本

4日目
・ナイトセッション 現地時間5日の17時30分(日本時間5日の15時30分)から開始
準決勝:グループAの勝者×グループDの勝者
準決勝:グループBの勝者×グループCの勝者

5日目
・ナイトセッション 現地時間6日の17時30分(日本時間6日の15時30分)から開始
決勝戦

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>