ベスト8へ進出した大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのギプスランド・トロフィー(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)は3日、シングルス3回戦が行われ、第2シードの大坂なおみが世界ランク371位のK・ボールター(イギリス)を3-6,6-3,6-1の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。会見では「とてもタフだった」と振り返った。

>>大坂ら全豪OP前哨戦の対戦表<<

>>大坂 準々決勝 1ポイント速報<<

この日、大坂はボールターの強打に苦しむも1時間47分で逆転勝利。昨年9月に優勝した全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)から公式戦で13連勝を記録した。

会見では「久しぶりに、ここで長い試合を経験したと思う。今回はボールターがすごくいいプレーをして、私もレベルを上げなくてはいけないような感じだった」と振り返った。

「第1セットと第2セットの中盤までは押されていた。彼女(ボールター)にほとんどのボールをコントロールさせてしまっていて、私自身も全く落ち着けなかった」

「でも第1セットを落とした後くらいからリラックスし始めて、いいプレーが出始めた。第2セットからはいいプレーをしたいと思い始めて、それが上手くいった。これを今後も続けていきたい」

準々決勝では第5シードのJ・コンタ(イギリス)と世界ランク79位のI・C・ベグ(ルーマニア)のどちらかと対戦する。

同日の2回戦では第3シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第7シードのE・メルテンス(ベルギー)が8強へ駒を進めた。

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>