錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルスの組み合わせを発表し、世界ランク41位の錦織圭は初戦で第15シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦することが決まった。

>>錦織vsカレノ=ブスタ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

両者は2度目の対戦で、2019年の全豪オープン4回戦では錦織が5時間5分におよんだ死闘の末にカレノ=ブスタを下している。

その他の日本勢では、世界ランク57位の西岡良仁は同87位のP・マルティネス(スペイン)、同104位の杉田祐一は予選勝者で同229位のB・トミック(オーストラリア)、同106位の内山靖崇は第29シードのU・アンベール(フランス)、ラッキールーザーで同117位のダニエル太郎は予選から勝ち上がってきた同171位のM・クレッシー(アメリカ)と1回戦で顔を合わせる。

8日に開幕する全豪オープンの第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはR・ナダル(スペイン)、第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第5シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはA・ルブレフ(ロシア)、第8シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)。

また第11シードのD・シャポバロフ(カナダ)と世界ランク36位のJ・シナー(イタリア)、第18シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と世界ランク43位のM・チリッチ(クロアチア)などの好カードが1回戦で実現する。

[PR]「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>