デニス・シャポバロフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日、男子シングルス1回戦が行われ、第11シードのD・シャポバロフ(カナダ)が世界ランク32位のJ・シナー(イタリア)を3-6, 6-3, 6-2, 4-6, 6-4のフルセットで破り、辛くも初戦突破を果たした。

>>ジョコら全豪OP対戦表<<

>>大坂vsガルシア 1ポイント速報<<

シャポバロフは、前哨戦のグレート・オーシャン・ロード・オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でツアー2勝目をあげた19歳のシナーに苦戦。第1・第4セットを取られるも、ファイナルセットでは第1ゲームでブレークに成功。その後もアンダーサーブを放つなどシナーを翻弄し、3時間半を超える激闘を制した。

2回戦でシャポバロフは、予選から勝ち上がってきた世界ランク233位のB・トミック(オーストラリア)と対戦する。トミックは同104位の杉田祐一の途中棄権により2回戦へ駒を進めている。

同日の1回戦では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)らが2回戦へ進出した。

日本勢では、世界ランク42位の錦織圭、同58位の西岡良仁、同106位の内山靖崇、同118位のダニエル太郎は初戦で敗退した。

[PR]「全豪オープンテニス」
WOWOWで連日生中継&ライブ配信!
WOWOWオンデマンド 今すぐ”無料トライアル”!

■放送&配信スケジュールはこちら>