世界ランク1位のジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP Media Infoは17日にツイッターを更新し、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が3月8日付の世界ランキングで1位の通算在位期間が歴代最長となる311週を達成することが決まったと発表した。これまでの通算在位期間1位はR・フェデラー(スイス)の310週。

>>大坂 なおみvsブレイディ 1ポイント速報<<

>>メドベージェフvsチチパス 1ポイント速報<<

ジョコビッチは2011年7月4日に初の世界ランク1位を獲得。その後2017年12月から2018年8月にかけては負傷の影響により一時トップ10から陥落していたものの、約10年をかけて大記録を達成した。

現在開催中の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝で、世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)がS・チチパス(ギリシャ)に敗れたことにより、ジョコビッチが同大会後も世界ランク1位に君臨することが確定。3月8日付の男子世界ランクでフェデラーの記録を更新する。

ジョコビッチは全豪オープン準決勝で世界ランク114位のA・カラツェフ(ロシア)をストレートで下し、決勝進出を決めている。

<3月8日に更新される時点の世界ランク1位通算在期間>

1位:N・ジョコビッチ 311週

2位:R・フェデラー 310週

3位:P・サンプラス(アメリカ) 286週

4位:I・レンドル(アメリカ) 270週

5位:J・コナーズ(アメリカ) 268週

[PR]「全豪オープンテニス」
WOWOWで連日生中継&ライブ配信!
WOWOWオンデマンド 今すぐ”無料トライアル”!

■放送&配信スケジュールはこちら>