優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのD・メドベージェフ(ロシア)を7-5,6-2,6-2のストレートで破り、9度目の優勝を果たすとともに2度目の3連覇を達成する偉業を成し遂げた。さらに、四大大会18度目の栄冠に輝いた。試合後の記者会見では「今大会はコート上でも外でもたくさんの感情があった。多くの苦しみや犠牲があった」と語った。

>>ジョコや大坂ら全豪OP対戦表<<

決勝戦、ジョコビッチはファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得。ストローク戦ではメドベージェフのミスを誘い出し20本のウィナーを決めるなど圧倒し、1時間53分でタイトルを手にした。

ジョコビッチは「これまで勝ってきた全豪オープンと今回のを比べるのは難しいけれど、今大会はけがだったり、試合中に観客がコートを離れたり、隔離などいろんなことが起きた。ここ4週間はアップダウンが激しかった」と振り返った。

「隔離とかを経験しているのは僕だけではないし、文句もない。2週間部屋を出ることができなかった選手たちに比べたら、僕はこの大会に向けていい準備ができた」

「最初は選手たちがここに来ることを批判した意見が寄せられて、歓迎されていないように感じた。僕らはこの気持ちを忘れがちだけど、観客を入れてくれたオーストラリア政府やみんなには感謝している」

また、今回の制覇により、四大大会の優勝回数が18に到達。R・フェデラー(スイス)とR・ナダル(スペイン)の持つ20度の優勝回数まであと2つに迫っている。

一方、敗れたメドベージェフは全豪オープン初の決勝の舞台で四大大会初優勝を決めることはできなかった。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂 なおみ全豪優勝」
2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>