初戦を突破した西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンガポール・テニスオープン(シンガポール/シンガポール、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス1回戦が行われ、第5シードの西岡良仁が世界ランク178位のM・モウ(アメリカ)を6-2, 3-6, 6-3のフルセットで下して初戦を突破し、今季初白星をあげた。

前週行われた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で1回戦負けを喫した西岡はこの試合、ファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。モウに11本のサービスエースを放たれるも3度のブレークに成功し、1時間58分の熱戦を制した。

2回戦では世界ランク156位のM・クレシー(アメリカ)と対戦する。クレシーは1回戦で同143位のユング・ジェイソン(台湾)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では世界ランク120位のダニエル太郎が2回戦へ駒を進めた。

その他の日本勢では世界ランク109位の内山靖崇、ワイルドカード(主催者推薦)で出場する同639位の望月慎太郎が出場。内山は同129位のM・ポールマンス(オーストラリア)、望月は同302位のA・セリビレク(トルコ)と顔を合わせる。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂 なおみ全豪優勝」
2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>