第1シードとして出場したバーティ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、WTA500)は24日、シングルス2回戦が行われ、第1シードで昨年の同大会覇者のA・バーティ(オーストラリア)は世界ランク37位のD・コリンズ(アメリカ)に3-6,4-6のストレートで敗れ、初戦敗退を喫した。また、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝に続き公式戦2連敗となった。

21日まで行われていた全豪オープンでは第1シードとして出場し、準々決勝で第25シードのK・ムチョバ(チェコ)に逆転で敗れていたバーティ。

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、2回戦からの登場だったバーティだったが、この試合では3本のダブルフォルトを犯すなどサービスが安定せず4度のブレークを許し、わずか1時間5分で力尽きた。

一方、ベスト8進出となったコリンズはバーティとの4度目の対戦で初の白星。準々決勝では第5シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と世界ランク136位のM・イングリス(オーストラリア)のどちらかと対戦する。

同日には第2シードのB・ベンチッチ(スイス)らが8強入りを決めたものの、第6シードのP・マルティッチ(クロアチア)、第7シードのY・プチンセワ(カザフスタン)、第8シードのワン・チャン(中国)らが敗れる波乱の展開となっている。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂 なおみ全豪優勝」
2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>