ATPカップのブノワ・ペール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのコルドバ・オープン(アルゼンチン/コルドバ、レッドクレー、ATP250)は24日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのB・ペール(フランス)がワイルドカード(主催者推薦)で出場したN・ジャリー(チリ)を6-2, 6-4のストレートで下して今季初勝利をあげ、ベスト8進出を果たした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはペールのコメントが掲載されており「ダブルフォルトを多くしなかったから、うれしい。ベストを尽くした」と振り返っている。

準々決勝でペールは、世界ランク95位のF・コリア(アルゼンチン)と対戦する。G・コリア(アルゼンチン)の弟であるフェデリコ・コリアは、2回戦で同135位のF・セルンドロ(アルゼンチン)を逆転で破っての勝ち上がり。

同日に行われた2回戦では、世界ランク128位のJ・コバリク(スロバキア)と予選から勝ち上がってきた同130位のF・バグニス(アルゼンチン)が8強へ駒を進めている。

[PR]みんなで語る!「大坂 なおみ全豪優勝」
2/27(土) 夜8:00 WOWOWで緊急放送決定!

■放送&配信スケジュールはこちら>