内山靖崇
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシンガポール・テニス・オープン(シンガポール/シンガポール、室内ハード、ATP250)は25日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク109位の内山靖崇は第8シードのクォン・スンウ(韓国)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

>>【YouTube】ラケット選びって大変・・・ 内山靖崇がネットで探した過去も告白<<

>>【YouTube】「錦織いるだけで緊張感は違う」 内山靖崇が現役続ける真意とは<<

この日、第1セットを落とした内山は第2セットに入ると得意のサービスを武器にクォンに対抗したが、第7ゲームでブレークを許す。その後も挽回できず、ストレート負けを喫した。

勝利したクォンは、準々決勝で第3シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは2回戦で世界ランク120位のダニエル太郎をストレートで下しての勝ち上がり。

その他の日本勢では、第5シードの西岡良仁が8強入りしており、準々決勝で第4シードのA・ブブリク(カザフスタン)と顔を合わせる。

[PR]みんなで語る!「大坂 なおみ全豪優勝」
2/27(土) 夜8:00 WOWOWで緊急放送決定!

■放送&配信スケジュールはこちら>