2018年のファン・マヌエル・セルンドロ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのコルドバ・オープン(アルゼンチン/コルドバ、レッドクレー、ATP250)は26日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク335位のJ・M・セルンドロ(アルゼンチン)が第7シードのT・モンテイロ(ブラジル)を6-2, 2-6, 6-3のフルセットで破り、初のツアーベスト4進出を果たした。

>>錦織らロッテルダム対戦表<<

>>錦織vsオジェ アリアシム 1ポイント速報<<

2回戦で第3シードのM・キツマノビッチ(セルビア)に勝利した19歳のセルンドロは、この試合では3度のブレークに成功。2時間16分の熱戦を制して快進撃を続け、ツアー大会で初の4強入りを決めた。

準決勝では世界ランク95位のF・コリア(アルゼンチン)と対戦する。コリアは準々決勝で第2シードのB・ペール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では第5シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と世界ランク130位のF・バグニス(アルゼンチン)が準決勝へ駒を進めた。

[PR]みんなで語る!「大坂 なおみ全豪優勝」
2/27(土) 夜8:00 WOWOWで緊急放送決定!

■放送&配信スケジュールはこちら>