2018年のフアン・マヌエル・セルンドロ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、 ATP250)は2日、シングルス1回戦が行われ、19歳で世界ランク181位のJ・M・セルンドロ(アルゼンチン)は世界ランク86位のF・デルボニス(アルゼンチン)に4-6,6-7 (2-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>錦織vsデ ミノー 1ポイント速報<<

>>錦織らロッテルダム対戦表<<

この試合、セルンドロは4度のブレークチャンスを全て決め切る決定力を見せたものの、自身のサービスゲームではデルボニスに5度のブレークを許し、1時間44分の熱戦を落とした。

セルンドロは前週のコルドバ・オープン(アルゼンチン/コルドバ、レッドクレー、ATP250)で大ブレイク。予選を勝ち抜き本戦入りを果たすと、M・キツマノビッチ(セルビア)やT・モンテイロ(ブラジル)、F・コリア(アルゼンチン)らを破り決勝に進出し、A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をフルセットで下しツアー初優勝を飾っていた。

また、同大会の優勝によりセルンドロは世界ランク335位から同181位にまで浮上しアルゼンチン・オープンに臨んでいたが、今週は初戦で姿を消すこととなった。

勝利したデルボニスは2回戦で、第7シードのL・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレは1回戦で世界ランク89位のM・チェッキナート(イタリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのラモス=ヴィノラス、第8シードのF・ティアフォー(アメリカ)らが2回戦に駒を進めた。

アルゼンチン・オープンの第1シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第2シードはC・ガリン(チリ)、第3シードはB・ペール(フランス)、第4シードはキツマノビッチ。上位4シードは1回戦免除のため、2回戦から登場する。

[PR]男子テニスATPツアー500 ロッテルダム
3/1(月)〜3/7(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>