ベスト8進出を果たしたカラツェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は17日、シングルス3回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク42位のA・カラツェフ(ロシア)が第17シードのL・ソネゴ(イタリア)を3-6,6-3,6-4の逆転で破り、大会初のベスト8進出を果たした。

>>錦織vsハリス 1ポイント速報<<

>>錦織らドバイ対戦表<<

2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初の本戦出場ながら、D・シュワルツマン(アルゼンチン)やF・オジェ アリアシム(カナダ)、G・ディミトロフ(ブルガリア)らを破りベスト4に駒を進め、大躍進を果たしていたカラツェフ。

この試合は第1セットを落としたものの、第2・ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得するなどソネゴにブレークを与えないプレーを披露し、2時間18分の熱戦を制した。

準々決勝では第3シードのD・シャポバロフ(カナダ)と顔を合わせる。シャポバロフは3回戦で第13シードのH・ホルカシュ(ポーランド)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのA・ルブレフ(ロシア)、第16シードのJ・シナー(イタリア)、世界ランク41位の錦織圭らがベスト8へ駒を進めている。

[PR]男子テニスATPツアー500 ドバイ
3/14(日)〜3/20(土・祝)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>