全豪オープンでのナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

4月19日に開幕する男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、 レッドクレー、ATP500)は22日に公式サイトで世界ランク3位で同大会を11度制しているR・ナダル(スペイン)が出場すると発表した。

>>錦織らマイアミOP対戦表<<

>>錦織 2回戦 1ポイント速報<<

2005〜2009年、2011〜2013年、2016〜2018年の11大会で優勝を果たしている34歳のナダル。2019年の同大会では4連覇をかけて出場したものの、準決勝でD・ティーム(オーストリア)にストレート負けを喫した。ティームは決勝でD・メドベージェフ(ロシア)を下し優勝を飾った。

ナダルは24日に開幕するマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)に参加する予定だったものの、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)からある腰の張りが引かず、欠場を発表している。

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルの大会ディレクターを務めるD・フェレール(スペイン)氏は「ラファのバルセロナでの存在は、大会にとって非常に重要であり、昨年の新型コロナウイルス感染拡大による中止を受けたことで、その存在はさらに大きくなるだろう。ナダルがそのキャリアを通じて行ってきたことは、驚くべきことであり、ユニークなもの。ラファはこのスポーツの伝説であり、僕らはできる限り彼のプレーを楽しまなければならない」とコメントした。

同大会にはその他に2014・2015年の王者である世界ランク39位の錦織圭、世界ランク5位のS・チチパス(ギリシャ)、同9位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)らの出場が予定されている。

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルの出場予定選手は以下の通り。

R・ナダル
S・チチパス
D・シュワルツマン
D・シャポバロフ(カナダ)
R・バウティスタ=アグ(スペイン)
D・ゴファン(ベルギー)
P・カレノ=ブスタ(スペイン)
G・ディミトロフ(ブルガリア)
F・フォニーニ(イタリア)
F・オジェ アリアシム(カナダ)
C・ガリン(チリ)
K・ハチャノフ(ロシア)
A・デ ミノー(オーストラリア)
C・ルード(ノルウェー)
D・エヴァンス(イギリス)
J・シナー(イタリア)
B・ペール(フランス)
A・マナリノ(フランス)
N・バシラシヴィリ(ジョージア)
錦織圭
R・オペルカ(アメリカ)
J・シュトルフ(ドイツ)
A・ブブリク(カザフスタン)
A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
G・ペラ(アルゼンチン)
J・シャルディ(フランス)
R・ガスケ(フランス)
N・キリオス(オーストラリア)
L・ハリス(南アフリカ)
D・ケプファー(ドイツ)
A・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)
C・ノリー(イギリス)
F・ティアフォー(アメリカ)
J・トンプソン(オーストラリア)
P・アンドゥハル(スペイン)

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マイアミ
3/24(水)〜4/4(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>