全豪オープンの内山靖崇
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク110位の内山靖崇が同85位のS・カルーソ(イタリア)を6-3, 6-4のストレートで下してATPマスターズの本戦で初勝利をあげ、2回戦進出を果たした。

>>錦織らマイアミOP対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

内山は第1セットを先取すると、第2セットもカルーソから主導権を握る。サービング・フォー・ザ・マッチの第8ゲームはミスを重ねてチャンスを逃したが、最後はバックハンドのウィナーを決めてストレート勝ちをおさめた。

2回戦では、第5シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。シード勢は1回戦免除のため、シュワルツマンは2回戦からの登場。

その他の日本勢では、第28シードの錦織圭が出場。世界ランク66位の西岡良仁と世界ランク654位の望月慎太郎は1回戦で敗れた。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マイアミ
3/24(水)〜4/4(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>