望月慎太郎
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス1回戦が行われ、予選から勝ち上がってきた世界ランク654位の望月慎太郎は同じく予選勝者で同243位のT・コキナキス(オーストラリア)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、ツアー初勝利とはならなかった。

>>錦織らマイアミOP対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

この日、17歳の望月は2度のブレークに成功したが、自身のサービスゲームではコキナキスに5度のブレークを許して1時間23分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには望月のコメントが掲載されており「予選2試合に勝った。自信はあったけど、彼(コキナキス)は僕より上回っていた」と振り返った。

望月は、2019年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で、日本男子初の四大大会ジュニア・シングルス優勝を果たす快挙を達成していた。

一方、勝利したコキナキスは2回戦で第29シードのM・フチョビッチ(ハンガリー)と対戦する。シード勢は1回戦免除のため、フチョビッチは2回戦からの登場。

元世界ランク69位のコキナキスは、2018年のマイアミ・オープン2回戦でR・フェデラー(スイス)を破る活躍を見せた。今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で死闘の末にS・チチパス(ギリシャ)に惜敗している。

その他の日本勢では、第28シードの錦織圭が2回戦から出場する。世界ランク110位の内山靖崇は2回戦進出、同66位の西岡良仁は初戦で敗れた。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マイアミ
3/24(水)〜4/4(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>