全豪オープンでの大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は26日、シングルス2回戦が行われ、第2シードの大坂なおみが世界ランク77位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)を7-6 (7-3),6-4のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>大坂らマイアミOP対戦表<<

>>大坂 3回戦 1ポイント速報<<

上位シード勢は1回戦免除のためこの試合が初戦となった大坂はこの日の序盤、第1ゲームで先にブレークを許すものの、直後の第2ゲームでは積極的にネットへ出てブレークバックに成功。しかし、第5ゲームではストローク戦で左右に揺さぶられるとミスが増え、再びブレークされる。

第8ゲームではフラストレーションが溜まりラケットを投げつけるなど、リズムが掴めない大坂だったが、第10ゲームで強烈なフォアハンドウィナーを決めるなどでブレークバックし土壇場で追いつく。ポイントを獲得する度に声を出し、自身を鼓舞する大坂がタイブレークを制し第1セットを先取した。

第2セット、互いにサービスゲームのキープが続くものの、大坂がフォアハンドのリターンエースを決めるなどで第9ゲームで先にブレークを奪うと、その後もトムヤノヴィッツに挽回を許すことなく、優勝を果たした2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝以来 約1カ月ぶりの公式戦を白星で飾った。

5度目のマイアミ・オープン出場となる23歳の大坂は大会初のベスト16進出をかけて、3回戦で第26シードのY・プチンセワ(カザフスタン)と世界ランク95位のN・ストヤノビッチ(セルビア)のどちらか対戦する。

昨年の同大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっていたため、今回が2年ぶりの開催となっている。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マイアミ
3/24(水)〜4/4(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>