ベスト16進出を果たしたルースヴォリ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は28日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク83位のE・ルースヴォリ(フィンランド)が同95位のM・イメル(スウェーデン)を4-6, 6-1, 7-5の逆転で破り、ベスト16進出を果たした。

>>錦織vsチチパス 1ポイント速報<<

>>錦織らマイアミOP対戦表<<

2回戦で第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)に勝利していた21歳のルースヴォリは、この日2時間17分におよんだ熱戦の末にイメルを振り切った。

4回戦では、第21シードのJ・シナー(イタリア)と対戦する。シナーは3回戦で第14シードのK・ハチャノフ(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはシナーのコメントが掲載されており「タフな試合に勝てて、とてもうれしい。今日はとても暑く、最初は苦労した」と振り返った。

同日の3回戦では、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第7シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第18シードのJ・イズナー(アメリカ)らが4回戦へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マイアミ
3/24(水)〜4/4(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>