ベスト16進出を果たしたチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク29位のA・カラツェフ(ロシア)を6-3, 6-4のストレートで破って初戦突破を果たすとともに、ベスト16進出を果たした。

>>ナダルらモンテカルロ対戦表<<

>>【YouTube】ラケット選びの極意Part2 メーカー別の特徴とは、秘密兵器でスイングウエイトを測定<ウインザー池袋店】 Tennis Racket<<

上位8シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となったチチパス。この日は2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4強入りを果たしたカラツェフと初対戦となった。

チチパスは4本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得。カラツェフにブレークを許さない安定したサービスゲームを披露した。リターンゲームでは各セットで1度ずつブレークに成功し、1時間24分で快勝した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには、今シーズン初のクレーコートでの実戦を白星で飾ったチチパスのコメントが掲載されている。

「今日は難しい相手だと分かっていたよ。アスラン(カラツェフ)は今年、素晴らしい成績を残している。何とか彼を押し込んで、フォアハンドで攻めることができた。うまくいったと思う。クレーコートでの経験は毎年少しずつ活かされているし、役に立ち始めている。より強くなってこのシーズンに戻ってこれているよ」

16強入り1番乗りを果たしたチチパスは、ベスト8進出がかかる3回戦で第16シードのC・ガリン(チリ)と世界ランク44位のJ・ミルマン(オーストラリア)のどちらかと対戦する。

同日には第9シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)や第13シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第14シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第15シードのF・フォニーニ(イタリア)らが2回戦進出を果たした。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードはR・ナダル(スペイン)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)は、12日の検査で新型コロナウイルスの陽性が確認され棄権となった。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 モンテカルロ
4/11(日)〜4/18(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>