初戦で敗れたベレッティーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのM・ベレッティーニ(イタリア)は世界ランク58位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)に5-7,3-6のストレートで敗れ、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来 約2カ月ぶりの復帰戦は黒星となった。

>>ナダルらモンテカルロ対戦表<<

>>【YouTube】ラケット選びの極意Part2 メーカー別の特徴とは、秘密兵器でスイングウエイトを測定<ウインザー池袋店】 Tennis Racket<<

上位8シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となったベレッティーニ。シングルスでは、全豪オープン4回戦を腹筋の負傷で棄権して以来の公式戦となったこの試合は、3本のダブルフォルトを犯すなどファーストサービスが入ったときに56パーセントの確率でしかポイントを獲得することができず安定感の欠いたサービスゲームとなる。試合を通して、ダビドビッチ フォキナに3度のブレークを奪われ、1時間30分で力尽きた。

ベスト16進出を果たしたダビドビッチ フォキナは3回戦で、予選勝者の世界ランク83位のA・ポピリン(オーストラリア)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している同86位のL・プイユ(フランス)のどちらかと対戦する。

同日に行われた1回戦では第9シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第12シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第13シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第14シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第15シードのF・フォニーニ(イタリア)らが2回戦に駒を進めた。

また、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)は同日行われた2回戦で世界ランク29位のA・カラツェフ(ロシア)をストレートで破り、16強進出を決めた。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードはR・ナダル(スペイン)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ。第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)は、12日の検査で新型コロナウイルスの陽性が確認され棄権となった。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 モンテカルロ
4/11(日)〜4/18(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>