初戦突破を果たしたルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第6シードのA・ルブレフ(ロシア)が予選勝者で世界ランク89位のS・カルーソ(イタリア)を6-3,6-2のストレートで破って今季クレーコート初戦を白星で飾るとともに、ベスト16進出を果たした。

>>ナダルらモンテカルロ対戦表<<

>>【YouTube】ラケット選びの極意Part2 メーカー別の特徴とは、秘密兵器でスイングウエイトを測定<ウインザー池袋店】 Tennis Racket<<

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦となったルブレフはコーナーを的確につくフォアハンドストロークを武器にウィナーを取ると、第2ゲームでブレーク。その後もファーストサービスが入ったときに92パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど、カルーソを寄せ付けることなく第1セットを先取した。

第2セットでも攻め手を緩めなかったルブレフは、カルーソにブレークを許さない安定したサービスゲームを披露。リターンゲームでは第3ゲームでブレークを奪うと、第5ゲームでは強烈なフォアハンドウィナーを決め再びブレークに成功し、1時間9分で勝利した。

8強入りがかかる3回戦では、第9シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と世界ランク54位のT・ポール(アメリカ)のどちらかと対戦する。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードはR・ナダル(スペイン)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)は、12日の検査で新型コロナウイルスの陽性が確認され棄権となり、第8シードのベレッティーニは前日に行われた2回戦で敗れ、姿を消している。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 モンテカルロ
4/11(日)〜4/18(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>