初戦を突破した錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク39位の錦織圭が同50位のG・ペラ(アルゼンチン)を4-6,7-6 (7-4),6-2の逆転で破り初戦突破を果たした。試合後には「第1・2セットではエラーがとても多かった。でも終盤の戦い方はよかったと感じている」と語った。

>>錦織vsガリン 1ポイント速報<<

>>錦織らバルセロナOP対戦表<<

今季のクレーコート初戦を戦った錦織は、ファーストサービスの確率を60パーセントとし、入ったときのポイント獲得率を55パーセントと苦戦。しかし5度のブレークに成功して2時間39分で辛勝をおさめた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトで錦織のコメントを掲載し「ペラは第1・2セットではとてもよくて僕自身、どう戦い抜けたのかわからない。彼がファイナルセットで疲れてきて、僕の方は強いプレーができた」と振り返った。

2回戦では第13シードのC・ガリン(チリ)と対戦する。シード勢は1回戦免除のため、ガリンは2回戦からの登場。

錦織とガリンは2度目の対戦。昨年9月のハンブルグ・ヨーロピアン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)1回戦では、ガリンがストレートで勝利した。

「ガリンはクレーでとても強い。去年のハンブルグではとてもあっさり負けてしまった。だから今回は間違いなく何かを変えて挑まなければならない」

今大会の第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはS・チチパス(ギリシャ)、第3シードはA・ルブレフ(ロシア)、第4シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第5シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第6シードはP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第7シードはD・シャポバロフ(カナダ)、第8シードはD・ゴファン(ベルギー)。

[PR] 男子テニスATPツアー500 バルセロナ
4/19(月)〜4/25(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>