関口周一(画像は2016年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのチャレンジャー デ サリナス(エクアドル/サリナス、ハード、ATPチャレンジャー)は19日シングルス1回戦が行われ、世界ランク318位の関口周一が第7シードの守屋宏紀を6-1,7-6 (7-5)のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>錦織らバルセロナOP対戦表<<

>>錦織vsガリン 1ポイント速報<<

日本勢対決となったこの日、関口はファーストサービスが入ったときに72パーセントの確率でポイントを獲得。守屋に2度のブレークを許したものの、リターンゲームでは5度のブレークに成功し、1時間33分で2回戦進出を決めた。

8強入りがかかる2回戦では、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク632位のN・ジャリー(チリ)と対戦する。ジャリーは1回戦で同359位のN・アルバレス(ペルー)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク333位の内田海智も1回戦に登場したが、同255位のA・メネンデス=マセイラス(スペイン)にストレートで敗れて姿を消した。

その他の日本勢では第1シードとして内山靖崇が出場。1回戦で世界ランクT・ヴァン=ライトーフェン(オランダ)と顔を合わせる。

[PR] 男子テニスATPツアー500 バルセロナ
4/19(月)〜4/25(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>