初戦を突破したシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は20日、シングルス2回戦が行われ、第11シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク77位のE・ゲラシモフ(ベラルーシ)を6-3, 6-2のストレートで下し、初戦を突破した。

>>錦織らバルセロナOP対戦表<<

>>錦織vsガリン 1ポイント速報<<

シード勢は1回戦免除のため、この試合が初戦となった19歳のシナーは、5本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに81パーセントと高い確率でポイントを獲得。1度もブレークを許すことなく、1時間8分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトで、世界ランク19位のシナーのコメントを掲載し「今のランキングは間違いなくいいものだけど、僕にとっては今それほど重要なことではない。チームと一緒に毎日上手くなるように努めることが大事だ」と語った。

3回戦では第5シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。バウティスタ=アグは2回戦で、世界ランク80位のP・アンドゥハル(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

シナーは「僕とアンドゥハルはここ最近たくさん試合で戦っているけど、クレーでは初めてだ。とても安定感がある選手だから、できるだけ力を出せるように準備していくよ」と述べた。

同日の2回戦では第7シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第8シードのD・ゴファン(ベルギー)が3回戦へ駒を進めた一方、第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)は姿を消した。

[PR] 男子テニスATPツアー500 バルセロナ
4/19(月)〜4/25(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>