ジョコビッチを破ったカラツェフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、レッドクレー、ATP250)は24日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・カラツェフ(ロシア)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-5, 4-6, 6-4のフルセットで破る金星をあげ、決勝進出を果たした。

>>錦織らエストリルOP対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

世界ランク28位のカラツェフは、今年2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で予選からベスト4進出の快進撃を見せ、その時は準決勝でジョコビッチにストレート負けを喫した。

その後、今年3月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でツアー初優勝を飾ると、この日は世界ランク1位のジョコビッチを3時間25分におよんだ死闘の末に退けた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはカラツェフのコメントが掲載されており「タフな相手との長く厳しい試合だった。200パーセントの力を注がなければいけない。壁とプレーしているかのよう。いいショットを何本も打たなければいけなかった。彼(ジョコビッチ)は簡単にポイントを与えてくれない」と振り返った。

「コートには勝つために向かった。コーチと話していた戦術を貫き通そうと努めた。全てのボールにファイトしなければならないし、それが成功の鍵だった。この勝利はテニス人生最大の勝利。世界ナンバー1の選手。本当にうれしいし、コートでは全てを出した。試合は長かった。今日のプレーには本当に満足している」

ツアー2勝目に王手をかけたカラツェフは、決勝で第2シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と優勝を争う。ベレッティーニは準決勝で世界ランク126位のダニエル太郎をフルセットで下しての勝ち上がり。

[PR] 男子テニスATPツアー500 バルセロナ
4/19(月)〜4/25(日)
男子テニスATPツアー250 エストリル
4/26(月)〜5/2(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>