初戦を突破したズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)は28日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク89位のR・ベランキス(リトアニア)スを6-2, 6-4のストレートで下して初戦突破し、ベスト8進出を果たした。

>>大坂らマドリッドOP対戦表<<

>>大坂vs土居 1ポイント速報<<

上位4シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となったズべレフは、6本のサービスエースを放つなどし、ファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。5度のブレークに成功し、1時間26分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでズべレフのコメントを掲載し「右肘をケガしていて、ここ数週間はあまりテニスをしていない。だから次の試合に向けて調整しないといけない」と語った。

「ここではいい結果を残した。練習でも調子はよかったし、試合でもこの感じで戦っていきたい」

2018年以来3年ぶり2度目の優勝を狙うズべレフは準々決勝で、世界ランク107位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)と対戦する。イヴァシカは2回戦で、同127位のM・マクドナルド(アメリカ)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第2シードのC・ルード(ノルウェー)、第8シードのJ・ミルマン(オーストラリア)が8強へ駒を進めた。

[PR] 男子テニスATPツアー250 エストリル
4/26(月)〜5/2(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>