初戦突破を果たした錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は4日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク43位の錦織圭が同23位のK・ハチャノフ(ロシア)を6-7 (6-8), 6-2, 6-2の逆転で破り、2019年以来2年ぶり7度目の初戦突破を果たした。

>>錦織vsズベレフ 1ポイント速報<<

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

この日、錦織はタイブレークでセットポイントを握るもチャンスを逃して第1セットを落とす。第2セットの第1ゲームではハチャノフにブレークポイントを握られたが、ピンチをしのぐと勢いに乗りセットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットに入ると錦織がバックハンドのウィナーを決めるなどで主導権を握り、2時間18分の熱戦を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには錦織のコメントが掲載されており「第1セットの後、感覚がとてもよくなった。おそらく緊張して守りに入っていたと思う。もう少し攻撃的にいけたはず。だから第1セットより、もっとコートの中で打つようにした。そうすると全部がうまく機能し始めた」と振り返った。

2回戦では、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。上位8シードは1回戦免除のため、ズべレフは2回戦からの登場。

同日の1回戦では、第14シードのJ・シナー(イタリア)、世界ランク22位のC・ルード(ノルウェー)、同42位のJ・ミルマン(オーストラリア)、同49位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)、同60位の西岡良仁らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)〜5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>