(左から)ズベレフと錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は5日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク43位の錦織圭を6-3, 6-2のストレートで下し、2019年以来2年ぶり4度目のベスト16進出を果たした。試合後には「今日のプレーは本当によかった。リターンやバックハンド、全ての面でうまくいった」と振り返った。

>>西岡vsルード 1ポイント速報<<

>>西岡らマドリッドOP対戦表<<

ズべレフはこの日、錦織に対し5本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得。4度のブレークに成功し、1時間14分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでズべレフのコメントを掲載しており「錦織はここでとてもいい結果を残している。僕を倒したこともあるし決勝にもいった。今日のパフォーマンスは素直にうれしい」と語った。

「錦織のような選手と対戦するときは、自分自身に勝たなければならない。彼からチャンスを与えてはくれないから。だから今日はとてもいいテニスができた」

勝利したズべレフは3回戦で、世界ランク26位のD・エヴァンス(イギリス)と対戦する。エヴァンスは2回戦で同42位のJ・ミルマン(オーストラリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第16シードのC・ガリン(チリ)らが3回戦へ駒を進めた一方、第7シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)は敗退した。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)〜5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>