初戦突破を果たしたメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は5日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が世界ランク49位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を4-6,6-4,6-2の逆転で破って3度目の出場で初の初戦突破を果たすとともに、今季クレーコート初戦を白星で飾った。

>>ナダルらマドリッドOP対戦表<<

>>バーティらマドリッドOP対戦表<<

上位8シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となったメドベージェフ。この日は2度のブレークを許して第1セットを落とすなど苦戦する。それでも、第2・ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得するなどサービスの安定感が増し、ダビドビッチ フォキナを1度のブレークに抑える。リターンゲームではストローク戦で流れを引き寄せ4度のブレークに成功。2時間12分の熱戦を制し初戦突破を決めるとともに、ベスト16進出を決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメドベージェフのコメントが掲載されている。

「この勝利に満足している。第1セットは簡単じゃなかった。あと25回ブレークチャンスがあっても決め切れない感じがしたよ。最終的にはかなり良いプレーができてファイナルセットではうまくいった。マドリッドは他のクレー大会よりも少しスピードがあるから僕の試合には適していると思う」

8強入りがかかる3回戦では第16シードのC・ガリン(チリ)と対戦する。ガリンは2回戦で世界ランク53位のD・ケプファー(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)らが3回戦進出を決めた。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)〜5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>