錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク45位の錦織圭は第6シードで同6位のA・ズベレフ(ドイツ)に6-4, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、2019年以来2年ぶり5度目のベスト8進出とはならなかった。世界ランキングのトップ10に対しては、今回で11連敗となった。

>>【YouTube】強烈サーブ炸裂!! ラコステのシューズ着用してみた<Daniil Medvedev’s NEW LACOSTE tennis shoes <<

この日、錦織は第1セットを先取すると第2セットでは先にブレークする。その後セットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットではゲームカウント4−1とリード。しかし第6ゲームから5ゲームを連取され、2時間52分におよんだ激闘の末に力尽きた。

錦織が世界ランキングのトップ10に対して最後に勝利したのは、2018年に行われたNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)予選ラウンドロビンでのR・フェデラー(スイス)戦。

また、前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦に続き再びズベレフに敗れた。

一方、勝利したズベレフは準々決勝で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは3回戦で第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)を逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>