マドリッドOPの日比野菜緒
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのエミリア ロマーニャ・オープン(イタリア/パルマ、レッドクレー、WTA250)は17日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク84位の日比野菜緒は同218位のM・ディ ジュゼッペ(イタリア)に5-7, 6-7 (5-7)のストレートで敗れ、今季ツアー7度目の初戦敗退となった。

>>フェデラーvsアンドゥハル 1ポイント速報<<

>>【YouTube】シューズ選びの極意Part1、秘密兵器で足の形状を知りインソールで強化<ウインザー渋谷店> Tennis Shoes<<

この試合、日比野は6本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに60パーセントの確率でポイントを獲得。しかしディ・ジュゼッペに5度のブレークを許し、1時間52分で力尽きた。

勝者のディ・ジュゼッペは2回戦で第6シードのワン・チャン(中国)と対戦する。チャンは1回戦で世界ランク82位の土居美咲をストレート下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)、第7シードのS・ソリベス=トルモ(スペイン)、第8シードのC・ガルシア(フランス)が2回戦へ駒を進めた。

一方で、世界ランク102位のV・ウィリアムズ(アメリカ)、同70位のB・ペラ(アメリカ)、同95位のC・マーケイル(アメリカ)は1回戦で姿を消した。