マドリッドOPでのチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのオープン・パルク(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は21日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク60位の西岡良仁を6-3,6-4のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>【YouTube】シューズ選びの極意Part2 「つるつるカーペット用」などサーフェス別の使用方法<ウインザー渋谷店> Tennis Shoes<<

>>【YouTube】シューズ選びの極意Part1、秘密兵器で足の形状を知りインソールで強化<ウインザー渋谷店> Tennis Shoes<<

初の顔合わせとなったこの試合、チチパスは4本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。西岡にブレークチャンスを与えることのないプレーを披露する。リターンゲームでは、5度のブレークチャンスを創出してそのうち2度ブレークに成功。1時間6分で4強入りを決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには今季ツアー6度目のベスト4進出となったチチパスのコメントが掲載されている。

「僕にとっては良い試合だった。彼(西岡)はサーブが良かったと思う。彼のプレーは少し予測がつかないし、最高の左利き選手の1人だからね。ポイントを築くのは決して簡単ではないし、予想外のショットを繰り出してくる。彼はあきらめずに戦ってくれると思っていた。勝てたことがかなりうれしいよ」

4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ( モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)以来 今季2勝目を狙う22歳のチチパスは、準決勝で世界ランク88位のL・ムセッティ(イタリア)と対戦する。19歳のムセッティは準々決勝で同55位のA・ベデネ(スロベニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第8シードのK・ハチャノフ(ロシア)が4強へ駒を進めている。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは放送以外のコートも配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>