ベスト4進出を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのベオグラード・オープン(セルビア/ベオグラード、レッドクレー、ATP250)は27日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク96位のF・コリア(アルゼンチン)を6-1, 6-0のストレートで下してベスト4進出を果たし、ツアー通算勝利数がG・ビラス(アルゼンチン)を抜いて歴代5位の952勝目を記録した。

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

>>錦織 初戦1ポイント速報<<

ツアー通算勝利数の歴代1位はJ・コナーズ(アメリカ)の1,274勝、2位はR・フェデラー(スイス)の1,243勝、3位はI・レンドル(アメリカ)の1,068勝、4位はR・ナダル(スペイン)の1,022勝。

この日ジョコビッチは6度のブレークに成功し、わずか55分でコリアを退けた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはジョコビッチのコメントが掲載されており「今日は全てが完璧に機能した」と語った。

準決勝では、予選から勝ち上がってきた世界ランク119位のA・マーティン(スロバキア)と対戦する。マーティンは準々決勝で第5シードのD・ラヨビッチ(セルビア)を逆転で破っての勝ち上がり。

一方、ジョコビッチに敗れたフェデリコ・コリアは、2004年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾った元世界ランク3位のG・コリア(アルゼンチン)の弟。これまでの世界ランキングでは今年3月に記録した83位が自己最高位。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>