ロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは28日に公式サイトで、30日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に第8シードで出場するR・フェデラー(スイス)のコメントを掲載した。

>>錦織vsジャンネッシ1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

フェデラーは全仏オープンに2019年以来2年ぶり20度目の出場。2009年には初優勝を飾り、四大大会全てでタイトルを獲得する生涯グランドスラムを達成した。

昨年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来の四大大会を戦うフェデラーは「現実的に考えて、全仏オープンでは優勝できないことはわかっている。僕ができると思っている人がいれば、それは間違いだ」と明かした。

「もちろん過去にすごいことがこの大会では起きていたかもしれない。でもここ50年くらいの間で、1年半のブランクがある40歳が勝てたような出来事があったとはとは思えないよ」

1回戦では世界ランク203位のD・イストミン(ウズベキスタン)と対戦する。

またフェデラーは同月行われたゴーネット・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)で約2年ぶりのクレー大会の復帰を果たす。しかし初戦でフルセットの末に敗れていた。

全仏オープンの第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはR・ナダル(スペイン)、第4シードはD・ティーム(オーストリア)、第5シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはA・ルブレフ(ロシア)。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>