初戦を突破したムセッティ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会2日目の31日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク76位のL・ムセッティ(イタリア)が第13シードのD・ゴファン(ベルギー)を6-0, 7-5, 7-6 (7-3)のストレートで下し、グランドスラムで初白星をあげた。

>>錦織vsハチャノフ1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

四大大会で初の本戦を戦った19歳のムセッティはこの試合、ファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得。ゴファンから6度のブレークに成功し、2時間18分で勝利した。

ムセッティは試合後に「今日の試合が初めての5セットマッチだった。でも今日はとても調子がよくて、最初のポイントから自信がみなぎっていた」と語った。

「ゴファンはリターンがすごくよくなってきて、終盤は難しくなってきた。でも集中を切らさず、最高のタイブレークができた。自分自身に誇りを感じているよ」

2回戦では世界ランク57位の西岡良仁と対戦する。西岡は1回戦で、同77位のJW・ツォンガ(フランス)を下しての勝ち上がり。両者は2度目の対戦で、前週のエミリア ロマーニャ・オープン(イタリア/パルマ、レッドクレー、ATP250)では西岡がストレートで勝利した。

同日の第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第8シードのR・フェデラー(スイス)、第18シードのJ・シナー(イタリア)、第31シードのJ・イズナー(アメリカ)、世界ランク41位のF・クライノビッチ(セルビア)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>