4回戦で敗退した錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク49位の錦織圭は同6位で第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)に4-6, 1-6, 1-6のストレートで敗れ、2019年以来2年ぶり4度目のベスト8進出とはならなかった。

錦織の1勝4敗で迎えた4回戦、ズべレフにパッシングショットを決められるなどして試合開始から3ゲームを連取される。第5ゲームでブレークし追いつくと、その後は激しいラリー戦を繰り広げて互いにサービスゲームをキープ。しかし第10ゲームでセットポイントを握られると、バックハンドがアウトとなり第1セットを落とす。

錦織はその後もズべレフの勢いを止められず5ゲームを連続で落とし、第2セットも取られて崖っぷちとなる。

第3セットでもミスをした錦織は第1ゲームからブレークを許す。さらにフォアハンドのウィナーなどを決めるズべレフに第3ゲームもブレークされてリードを広げられる。第4ゲームでズべレフのサービスゲームを破るも、その後は挽回できずに力尽きた。

勝利したズべレフは準々決勝で、世界ランク46位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは4回戦で同51位のF・デルボニス(アルゼンチン)を下しての勝ち上がり。

同日の4回戦では第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)と第5シードのS・チチパス(ギリシャ)が8強へ駒を進めた。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>