(手前から)ズベレフと錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク49位の錦織圭は同6位で第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)に4-6, 1-6, 1-6のストレートで敗れ、2019年以来2年ぶり4度目のベスト8進出とはならなかった。今年だけでズベレフに3連敗とした錦織は会見で「またコイツに負けたというのは引っ掛かるというか。マイナスな面が多いかなと思います」と語った。

>>全仏OP対戦表<<

この日、錦織は序盤の3ゲームを連取されたが、ゲームカウント3−3に追いつく。その後、第9・第10ゲームを連続で取られて第1セットを落とす。

第2セットからはズベレフに流れが傾き、試合を通して8度のブレークを許して1時間54分で完敗を喫した。

両者は今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦と同月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)3回戦でも顔を合わせていた。

また今回の敗戦で、世界ランキングのトップ10に対して12連敗となった。

錦織は「彼(ズベレフ)は、すごいよかったと思います。決められないフラストレーションはありました。深い球でディフェンスされた」と振り返った。

1回戦で4時間3分、2回戦で3時間59分におよんだ死闘の末に勝利、3回戦は相手の途中棄権によりわずか58分で終了して4回戦へ駒を進めていた錦織は「唯一喜べるのは、タフな2試合に勝ったこと」と述べた。

一方、勝利したズべレフは準々決勝で世界ランク46位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは4回戦で同51位のF・デルボニス(アルゼンチン)を下しての勝ち上がり。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>