ベスト4へ進出したチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、男子シングルス準々決勝が行われ、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)が第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)を6-3, 7-6 (7-3), 7-5のストレートで破り、2年連続2度目のベスト4進出を果たした。

チチパスは第1セット、ファーストサービスが入ったときに85パーセントと高い確率でポイントを獲得。第4ゲームでブレークし、セットを先取する。

第2セットでは第3ゲームで先にブレークに成功する。第6ゲームで追いつかれてタイブレークに突入するも、フォアハンドウィナーを決めるなどして獲得。勝利まであと1セットとする。

第3セットでチチパスはメドベージェフにドロップショットを決められて第5ゲームでサービスゲームを落とす。しかし第7ゲームから3ゲームを連取すると、第12ゲームで握ったマッチポイントではメドベージェフのアンダーサービスに対応し勝利した。

準決勝では第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズべレフは準々決勝で世界ランク46位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

残りの準々決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第9シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第3シードのR・ナダル(スペイン)と第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)が顔を合わせる。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>