ベスト4進出を果たしたジダンセク
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)が第33シードのP・バドサ(スペイン)を7-5, 4-6, 8-6のフルセットで破り、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>ナダルら全仏OP対戦表<<

>>ナダルvsシュワルツマン 1ポイント速報<<

ジダンセクはこの試合、ダブルフォルトを9回犯したバドサに対し、8本のネットポイントを獲得。ミスが目立ったバドサとの2時間26分に及ぶ試合を制した。

勝利したジダンセクは会見で「とても緊張した。試合中、緊張をコントロールできなかった。しかし、少なくとも私は最後の瞬間まで戦い、チャンスをものにした」と語った。

「朝から緊張していたし、昨日の夜も緊張した。初めて準々決勝に進出したので、複雑な気持ちになった。(勝利に)貪欲すぎて、自分にプレッシャーをかけすぎてしまったのかもしれない」

「1回戦で勝ったことは、私にとって大きな躍進だった。それが大きな自信になった。とにかく一戦一戦を大切にした。毎日が自分自身のための重要な時間だと思っている」と締めくくった。

準決勝では第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリュチェンコワは第21シードのE・リバキナ(カザフスタン)を6-7 (2-7), 6-2, 9-7の逆転で下しての勝ち上がり。

9日には、第24シードのC・ガウフ(アメリカ)と世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)、第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)と第8シードのI・シフィオンテク(ポーランド)がそれぞれベスト4進出を懸けて対戦する。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>