四大大会初の4強入りを果たしたパブリュチェンコワ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、女子シングルス準々決勝が行われ、第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)が第21シードのE・リバキナ(カザフスタン)を6-7 (2-7), 6-2, 9-7の逆転で下して、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>パブリュチェンコワら全仏OP対戦表<<

>>ナダルvsシュワルツマン 1ポイント速報<<

この試合、ダブルフォルトを6回犯したリバキナに対し、パブリュチェンコワはファーストサービスが入った時に69パーセントの確率でポイントを獲得。2時間33分に及ぶ試合を制した。

パブリュチェンコワは記者会見で「クレーコートのシーズンが始まったときから、たくさんの努力をしてきたし、どうしても結果が欲しかった。でも、こんなに早く出るとは思っていなかった。というのも、マドリッドではすぐに良い結果が出て、今回はグランドスラムでのこれまでの最高の結果が出たから」と語った。

「今はただ、自分の体を気にしている。次の試合に向けて、ベストな状態で頑張りたいと思う」

準決勝では世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)と対戦する。ジダンセクは第33シードのP・バドサ(スペイン)を7-5, 4-6, 8-6のフルセットで下しての勝ち上がり。

9日には、第24シードのC・ガウフ(アメリカ)と世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)、第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)と第8シードのI・シフィオンテク(ポーランド)がそれぞれベスト4進出を懸けて対戦する。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>