決勝へ進出したパブリュチェンコワ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子シングルス準決勝が行われ、第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)が世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)を7-5, 6-3のストレートで下し、グランドスラム初の決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズべレフ 1ポイント速報<<

両者初対戦となったこの試合、互いに2度ずつブレークし迎えた第12ゲーム、パブリュチェンコワはセットポイントを握ると、ジダンセクのダブルフォルトでセットを先取する。

第2セット、パブリュチェンコワはドロップショットを決めるなどして第2ゲームでブレークに成功。第3ゲームで追いつかれるも、再び第8ゲームでリードして勝利し、52度目のグランドスラム大会で初めて決勝の切符を手にした。

決勝では第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)と世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)の勝者と対戦する。

一方敗れたジダンセクは四大大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>