決勝へ進出したクレチコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)が第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)を7-5, 4-6, 9-7のフルセットで破り、グランドスラム初の決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズべレフ 1ポイント速報<<

クレチコバはこの試合、4度のブレークに成功し第1セットを先取。しかし第2セットでは開始から4ゲームを連取されるなどサッカリの攻撃に圧倒されて取られ、セットカウント1−1となる。

ファイナルセットでクレチコバは、第9ゲームでサッカリにマッチポイントを握られるもこれをしのぐ。第16ゲームで迎えたマッチポイントではサッカリのバックハンドがアウトとなり、3時間18分の死闘を制した。

決勝では第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と初の四大大会のタイトルを争う。パブリュチェンコワは準決勝で世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方敗れたサッカリは初のグランドスラム決勝進出とはならなかった。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>