優勝を飾ったクレチコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は12日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)が第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-1, 2-6, 6-4のフルセットで下して四大大会初優勝を果たした。試合後の表彰式スピーチでは「この瞬間を夢見てきたし、最高のものとなった」と語った。

>>ジョコvsチチパス 1ポイント速報<<

>>錦織ら ハレ対戦表<<

決勝戦、25歳のクレチコバはファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。34本のウィナーを決めて6度のブレークに成功して1時間58分で勝利し、チェコ勢女子では当時チェコ国籍だった1981年のH・マンドリコバ(オーストラリア)以来40年ぶりの全仏オープン制覇となった。

試合後は「最後のゲームではただファーストサービスを入れよう入れようと考えていた。今日は接戦だったし、パブリュチェンコワもおめでとう。この2週間、彼女はとてもいいプレーをしていた」とコメントした。

「チェコのみんな、家族や友人も喜んでいると思う。私に勇気をくれたみんなに感謝している。子供の頃からどのボールも必死に追ってきて、その成果が出た」

またクレチコバはK・シニアコバ(チェコ)とペアでダブルス決勝に進出。決勝では第14シードのB・マテック=サンズ(アメリカ)/ I・シフィオンテク(ポーランド)組と対戦する。

一方、敗れたパブリュチェンコワは四大大会初優勝とはならなかった。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>