(左から)チチパスとジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は13日、男子シングルス決勝が行われ、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に7-6 (8-6), 6-2, 3-6, 2-6, 4-6の逆転で敗れ、ギリシャ選手で男女を通じて初の四大大会制覇とはならなかった。表彰式のスピーチでは「ジョコビッチは、とても強かった」とコメントした。

>>錦織らノベンティOP対戦表<<

>>錦織vsベランキス 1ポイント速報<<

22歳のチチパスは2セットアップと優勝へ王手をかけるも、第3セット以降はジョコビッチから1度もブレークチャンスをつかむことができず、4時間11分によんだ死闘の末に力尽きた。

チチパスは「(四大大会の)決勝を初めてプレーすることができて、ここまでこれたことはうれしく思う。全力は尽くしたし、できることはやった。彼がなぜチャンピオンなのかが分かった」と語った。

「僕をここまで支えてくれた人たちに感謝したい。夢をかなえるための道は、まだ続いていく。ローランギャロスのみなさん、ありがとう。素晴らしい2週間だった。また来年戻ってきて、いい試合をしたい」

一方、ジョコビッチは2016年以来5年ぶり2度目の優勝を果たすと同時に、1968年のオープン化以降で男子初となる「ダブルグランドスラム(すべての四大大会で2回以上優勝)」の偉業を達成した。

[PR]全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>